手軽な全身脱毛方法として定着

ヒゲ脱毛の中でももっとも手軽で、しかも薬局などで簡単に購入する事の出来る脱毛手段としてすっかり多くの人の中で定着している方法が脱毛クリームです。脱毛クリームは毎年夏になると、薬局や量販店の店頭に特設コーナーが設けられるほど良く売れる商品です。

確かに肌の露出も増えますし、女性などは特に目に付く部分のムダ毛を手軽に処理したいと考えますから、こうしたお手軽ムダ毛処理方法に靡きやすいのかもしれません。また最近は男性の脱毛クリームや除毛剤も数多く店頭に並んでおり、多くの男性もこういった商品に目を向けるようになりました。

やはり男性の美意識向上を背景に、男とはいえ、より見た目美しくありたいという心理が垣間みられます。そんな手軽な脱毛クリームや除毛剤は、日本国内メーカーの他、海外メーカーもこれら脱毛関連製品を数多く取り扱っています。

むしろムダ毛に悩む人の数は日本人よりも、欧米人に多く日本製品の脱毛関連商品より、海外の脱毛関連商品の方が種類も多く、また毛質によって効能も異なる為、最も自分の肌に合った除毛剤や脱毛クリームを探すことができます。

またお値段も高いものだと1本4千円から5千円と高額ですが、安いものであれば国産メーカーの脱毛クリームが1本400円程度で購入する事が出来ます。しかしそれが必ずしもヒゲ脱毛に効果的かどうかとなると、答えは微妙です。

脱毛クリームによってはヒゲ脱毛に全く効果が出ないものありますし、また出てもまた1週間くらいで新しい毛が生えてくるというものも珍しくないのです。

海外の脱毛クリームとその効能

では日本メーカーより種類豊富な海外メーカーの脱毛クリームや除毛剤とは、どのような効能があり、また購入する際の価格はいくらくらいなのでしょうか。

海外の脱毛クリームとは、主に形状がクリーム状のものとジェル状ワックスタイプに分けられますが、互いに最終的には毛を無くするわけですが、毛がなくなる工程が互いに異なります。

まず脱毛クリームの場合は、アルカリ性の薬剤がムース状になっており、それを患部へ塗り一定時間放置したあとふき取ると綺麗にヒゲだけが溶かされているというものです。

一方ジェル状のワックスタイプとなると、患部へワックスを塗り一定時間放置してから、柔らかくなった毛を専用シートで一気剥がす事で毛を毛根から取り除いてしまう方法です。



どちらの方法が良いとは言いませんが、少なくともヒゲ脱毛に関して言えば、毛根から毛を取り除いてしまうということからワックスタイプの方が効果は高いでしょう。

ただしこれはあくまで柔らかい毛の話であって、男性のヒゲ脱毛のように固い毛の除毛に関してはあまり効果が出ない場合があります。



一方で産毛の様なヒゲを方であれば、永久脱毛とは言いきれませんが、この方法が最も効果的であるといえるでしょう。特に海外で人気の高いワックスがブラジリアンワックスといって、天然成分由来のお肌に優しいワックスで海外では男女兼用で使われている脱毛ワックスです。

これでヒゲ脱毛をすれば一度の脱毛で3週間は何もしなくても良いと言われいる上、価格も4千円程度で購入する事ができるためとても人気のある脱毛ワックスです。

軽めのヒゲ脱毛手段として効果的

脱毛クリームや脱毛ワックスはあくまで柔らかい毛に対しては効果てきめんですが、アジア人男性のヒゲのような堅い毛にはむしろ不向きの場合があります。

 

確かに脱毛クリームも脱毛ワックスも諸外国では男女兼用で使われておりますが、欧米系の男性のヒゲは日本人のヒゲに比べ柔らかく、ヒゲと他の部位の毛の毛質があまり変化なく、脱毛クリームを使っても効果がそれなりに出る事から、欧米系の男性もヒゲ脱毛にこれらのクリームやワックスを使うだけであり、それがそのまま日本人男性のヒゲ脱毛に応用できるかといえば、そうではありません。

 

日本人男性でも欧米系の男性のような、比較的柔らかい毛質の人もいるでしょうが、多くの日本人男性のヒゲは堅くそして抜けにくいのが特徴です。

 

従ってブラジリアンワックスのように患部に直接ジェルを塗りつけ、シート被せて一気に剥がそうものなら、耐えられないくらいの激痛を伴い、そのうえあまり脱毛効果が実感できない事があります。

 

 

如何せん、鼻の下の部分や顎や頬の部分の脱毛ですから、神経がたくさん走っており、非常にデリケートであり敏感な部位である為、この部位の頑固なヒゲ脱毛は少々難しい場合があるのです。

 

従って固くて太い毛の方は除毛の発送から生まれた脱毛クリームやブラジリアンワックスのような脱毛剤を使わずに、もっと強力な医療用レーザー照射による脱毛や、それが難しいようであれば光照射やフラッシュ照射でヒゲ脱毛された方が良いかもしれません。